【クレジットカード】

最強コスパカード→セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは!!?ゴージャスな特典、年会費や審査について

2017/07/30

おはようございますKPBです。

陸マイラーとして
「陸地に居ながらマイルを貯める」
という活動を行っていると、
「どこのクレジットカードが便利なのか!?」
「どこのクレジットカードがカッコ良いのか!?」
「一番マイルを貯めやすいクレジットカードって何?」
という疑問にぶち当たります。

結果ある程度集約されてお得なカードにたどり着くのですが、
それらを探し当てる途中で
クレジットカードがもつステータス性やカッコよさに
気づかされてしまいます。

私もご多分にもれず、
クレジットカードがもつステータスの魅力に
気づいてしまったわけでが、
このような私が、カッコよさ、ステータス面で
おすすめしたいクレジットカードが
アメックスプラチナです。
ですが招待制で自己申込ができないので、
おいそれと作れるカードではないんです。
(だからステータスがあるんですが、、、)

と、あきらめかけていたアメプラだったんですが、
なんと、自己申請できるアメックスを冠するプラチナの存在を発見したので、
記事にしたいと思います。

今日は
「アメリカン エキスプレス プラチナ カードに興味あります!!」
「アメックスプラチナの年会費が高くて作れない。。。」
「アメプラってそもそも何なの??」
「ステータスの高いクレジットカードを作りたい!!」
という方に向けた記事になっております。

私はラグジュアリーなクレジットカードに強い憧れがありまして、
アメプラもその中の一つです。
ですが私自身は庶民派なので、
たとえ招待されたとしても高い年年会費を払える身分でもありません。
皆様の中にも私と同じような方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな私が最近知ったのが
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です!!
ステータスカードへの欲求を満たしてくれるカードの発見し、
活用術やコスパなどについて
喜び勇んで記事にしてみます!!
プロパーのアメックスプラチナや法人カードについても
いろいろ調べてみましたのでお時間のある方は
是非ご覧ください。

ということで、
一般人でも持てるアメックスのプラチナについて!
いろいろ調べてみた件のスタートです!

 

スポンサーリンク


 

本日のもくじ

こんなに便利なカードがあったの!!?
セゾンプラチナ ビジネス アメリカン エキスプレス カード
SAISON PLATINUM AMERICAN EXPRESS CARD

セゾンプラチナアメックスですが、特典が豊富すぎてステータスカードと言うよりも、割安カードと言ったほうが良いのではないかと思うほどのサービスが充実したカードに仕上がっています。因みに、私が過去一番割安カードだと思った「SuMi TRUST CLUB リワードカード」と比べても割安カードなのではないかと思うくらいの仕上がりです。(SuMi TRUST CLUB リワードカードについてはコチラ→「MasterCard チタンカード について!格安年会費で高グレードのサービス!特典活用必須です!!」

このカードで一番に推したいのは、もちろんそのステータス性なのですが「年会費と特典のバランス感覚がいい意味で悪すぎる」ために割安カードと言ってしまいそうになるわけです。それでは、そんなセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの素晴らしい特色を見ていきましょう。

年会費¥20,000円なのに驚愕のサービスが充実!!

まず、知っておきたいのがセゾンプラチナビジネスアメックスの年会費につい

てです。こちら、プラチナという名を冠して、さらにはアメックスの名も関しておりますが、年会費は驚愕の\20,000円です。プラチナという名の付くカードが\20,000円で持ててしまう時点で驚きです。しかも、さらにアメックスの名が付きます。アメックスはゴールドカードでも年会費\29,000もします。この時点で、カード名のステータスに対して年会費のバランスが、良い意味で取れていないのを感じていただけるかと思います。ですが、こんなことで驚いてはいけないのです。。。先ずはプラチナ会員限定サービスを確認してみましょう。

 

年会費優遇サービス

私が、セゾンプラチナビジネスアメックスで一番驚かされたサービスがこれです。年間の利用金額が200万円を超えた場合、次年度の年会費が10,000円に優遇されるという驚愕のサービス。私の場合、個人使用ですがセゾンゴールドマイレージプラスのマイル付与率優遇の年間500万円の枠を目いっぱいに使っています。個人の決済でも工夫次第で年間500万円決済などはすぐに達成できるのに、それが法人で200万円って、驚きです。そして次年度年会費10,000円。格安すぎます。

このことからメインカードとしてセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを使っていくならば実質年会費は\10,000と考えて良いでしょう。月々に割り返すと830円程度。およそラーメン一杯ですよね。さて月々ラーメン一杯分の金額で他にどの様な優待が受けれるのでしょうか。事細かに説明せずとも、こちらをお読みの皆様の中には「完全に元は取れた!!」と実質無料を確信されている方もたくさんいらっしゃると思いますが、あといくつか強力なプラチナ会員限定の付帯サービスをピックアップしてみます。

 

SAISON MILE CLUB

カードの利用1,000円につき10マイルのJALマイルが付与されるサービスです。ステータスのないカードでこのサービスを利用すると年会費が4,000円かかってしまいますが、セゾンプラチナビジネスアメックスでは会費は無料です。1マイルをおよそ2円と換算すると(昔の記事で、ANAマイルについてですが、マイルの円換算についてはこちらを参照してみてください→「【ANAマイル】 初心者だからこそ1マイルの価値考えてみたけど合ってるかな??」)円換算の還元率はおよそ2%ととなります。年間200万円利用したら、円換算で4万円程度のマイルが付与される計算になります。この時点で年会費の元は取って、すでに大幅にベネフィットがプラスされることになるのがお分かりいただけるかと思います。

セゾンプレミアムゴルフサービス

こちらはゴルフをしない方には無関係になってしまいますが、セゾングループが提携している「スポニチゴルファーズ倶楽部(SGC)」への入会と年会費が優待されるサービスです。入会金は通常20,000円のところが、なんと無料!!年会費は通常24,000円のところが10,000円となり、このサービスを利用しただけで、通常利用と比べて差額34,000円もお得になってしまいます。プレー料金は別途発生しますが不通に考えてこの価格でゴルフの会員サービスを受けれるなんて、、、驚愕です。ゴルフ好きの方には間違いないサービスと断言できると思います。

スポニチゴルファーズ倶楽部(SGC)

スポニチゴルファーズクラブの詳細は下のリンクからご確認くださいませ。写真は提携の名門コース、太平洋クラブの写真です。

スポニチゴルファーズ倶楽部(SGC)ホームページ→https://www.s-gc.net/

 

ホテル、ダイニング、スパ、ショッピング優待サービス

「オントレ "entree"」と名のついたこちらのサービスはアメックスの提供する「アメリカン・エキスプレス・コネクト」と連動しているサービスです。各施設を優待料金で使用できるので、定価で利用せざるを得なかった「いつもの施設」がこの中に入っていた場合は相当お得になりますよね。こちらはすぐに年会費の元を取る計算に反映できるわけではありませんが、お得であることは間違いないサービスです。

 

ステータスカードならではの定番サービス

さて上では、セゾンプレミアムの限定サービスを見てまいりましたが、それ以外にもステータスカードならではの定番サービスが多数付帯しますのでいくつか下にピックアップしてみます。

  • プライオリティパス(通常399ドルが無料)
  • 国内空港ラウンジサービス
  • アメリカン・エキスプレス・セレクトによるダイニング、ホテル、ショッピング優待

などなどです。特にプライオリティパスについては、発行するだけで年会費の元が取れて、おつりが来てしまうという。。。なんとも驚きの特典になっています。

プライオリティパスの詳細については下の記事に詳細をまとめましたのでお時間のある時にでもご覧になって下さい。

プライオリティパスとは?年会費や使い方、ラウンジの評判について!アメックスなどのステータスカード選びの際の一基準として重要です。

 

セゾンプラチナ ビジネス アメックスまとめ
→年会費の元はすぐに取れて、尚且つおつりがくる最強コスパカード

まさに、最強コスパカードと言ってよいと思われる内容を上に列挙してまいりましたが、改めてここでもう一度お得になる部分をまとめておきます。

  • 年間200万円以上の利用で通常2万円の年会費が翌年は1万円になる
  • 年間200万円以上の利用で円換算4万円程度のマイルが還元される
  • ゴルフサービスを利用すると通常44,000円程度の利用代金が\10,000円で利用できる
  • 年会費399ドル(円換算4万円程度)のプライオリティパスに無料で登録できる。

以上が分かりやすい超お得特典です。200万円以上利用という制限は設けましたが、以上の4点だけで124,000円も!!」得してしまいます!!驚愕のコスパですよね。

正直、調べながら興奮してしまう内容ばかりで、こんなにテンション高めの記事にするつもりはなかったのですが、、、。我ながら自分の単純な性格に驚きです。単純ついでに、長年使い続けているセゾンユナイテッドマイレージプラスゴールドから、このセゾンプラチナビジネスアメックスに乗り換えるのか、本気で検討しているところでござます!!私のようにステータスカードの魅力と、超コスパカードとしての側面を併せ持つセゾプラビジネスアメックスに興味の出てきた方は、起業一年目の個人事業主の方も申し込めるカードになっているので、申し込みだけでも試してみてはいかがでしょうか。私は妻が個人事業主ですので、特典のお得を味わいたいので妻に登録してみるように勧めてみようと思います。もちろん格安の年会費は私の財布から引き落としされることになるのだと思いますが。。。(笑)

 

その他のAMERICAN EXPRESSを冠するプラチナカード 代表的な3種類

と、ここまで長いこと書いてきましたが、ほかにも「プラチナ」と「アメックス」の両方を冠するカードがいくつかありますのでここから下ではそれらについて書いていこうと思います。

 

セゾンプラチナ アメリカン エキスプレス カード
SAISON PLATINUM AMERICAN EXPRESS CARD

さてさて、皆様も想像していらっしゃる通り、セゾンプラチナにビジネスアメックスがあるならば、もちろん通常のセゾンプラチナアメックスもございます。ですが、こちら、個人カードでありながら、そのハードルのたかさはビジネスアメックス以上のものになっています。それではその詳細をかるくかいつまんで見てみましょう。

 

申込み方法について

こちらは、なんと自己申込みができないカードになっているのです。セゾン アメックス プラチナのホルダーになりたいならば、まずはセゾン アメックス ゴールドに登録してからとなります。そこで支払い実績をつくることでインビテーションが届き、はれてセゾンプラチナアメックス登録となるのです。登録までに時間や実績が必要になってしまうのでちょっと面倒なところもありますが、ステータスの高いカードらしい前置きだなと感じられます。

 

年会費、特典について

年会費はビジネスアメックスと同じ2万円です。招待制になっていて登録するにはハードルがかなり高いわりに意外と安いという。。特典についてもめぼしいところはセゾンプラチナ・ビジネスアメックスとほぼ同じです。細かな保険の金額や、ショッピング優待、ホテルなどの優待率などで微妙に差が出る部分もありますが、基本的な性能はセゾンプラチナ・アメックスとセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは殆ど同じカードだと言えます。

 

 

セゾンプラチナ・アメックスまとめ
→実績を積んでホルダーになれば、個人向け最強のコスパカードになりうる!

最強のコスパカード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの個人向けですが、ホルダーになるまでセゾンゴールド・アメックスで実績を積む必要があります。年会費や特典などを考慮してもセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードも非常に良いカードです。これについてもいろいろ調べて別途記事にしてみようと思います。

私の場合は妻が個人事業主なので、妻の家族会員としてセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを使用したいと思っておりますが、身の回りに個人で経営者や個人でお仕事をされている方がいらっしゃらない方は、セゾンプラチナ・アメックスを正攻法で獲得していくというのも、面白いかもしれませんね。(陸マイラーがSFCカードを狙うような、そんな印象を受けますよね)amexとプラチナの照合、欲しいですもんね!

 

ここで一休み。アマゾンでクレカファン向け商品を発見しましたよー(笑)

さてさて「アメックス」、「ゴールド」のキーワードが出てきたのでちょっと貼っておきたい商品がありまして。。。それがこちらのUSBです。

ゴールドが64GBでグリーンが4GBです。まさにカードグレードの関係性をデータ容量で表したUSBにしあがっております。裏面にはもちろんオーサライズドシグネチャーの記入欄もあって、ちょっとした支払に使いたい。。。けど使えないカードとして一発ギャグ用にお使いいただける商品です。もちろん初回購入価格は発生しますが、それ以後の年会費は無料となっております(笑)

とかなんとか。長文の箸休めにお付き合いありがとうございます。それでは「アメックス」と「プラチナ」を冠する他カードの続きです。こちらから先はプロパーカードのご紹介。驚愕の年会費をどのようにとらえるか、皆様どのような感想をお持ちになられるのでしょうか。。

 

そしてプロパーカード①
アメリカン エキスプレス プラチナ カード
AMERICAN EXPRESS PLATINUM CARD

アメリカン・エキスプレスというだけでも、世間一般にはステータスのあるカードという認識は高いと思うのですが、今回比較しているアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、その中でも上位から二番目のグレードに位置するカードです。

 

申込み方法について

自己申込は受けておらず招待制のカードとなります。

本筋として、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを
継続使用をしている優良会員がインビテーションを入手できます。

皆様もちろんご存知かと思いますが優良会員とは、

  • 年間使用金額がある程度大きい(年間100万円程度でも招待された問報告もありますが、、)
  • 支払い遅延が無い
  • 不自然な保険等の使用をしていない

などということが前提になります。

具体的にアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのご案内ページには

プラチナ・カードは、アメリカン・エキスプレスを特別にご愛顧いただいているカード会員様にご案内している一枚です。
まずは、アメリカン・エキスプレスのカードをお持ちいただき、その便利さと快適さをご実感ください。

また、この他にもインビテーションを入手する方法がいくつか存在します。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを
メインカードとして使用していない会員(年間使用額が少ない会員)であっても

  • エグゼクティブ向け雑誌の購読をアメックスで支払っている
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード所有者に招待してもらう
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード所有者の紹介キャンペーンで招待してもらう

などの方法でインビテーションを入手できるようです。特にアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの所有者は招待する権限があるのでそのような知り合いが近くにいる人は頼んでみるのもいいかもしれませんね。また、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード所有者向けの紹介キャンペーンについてですが、開催が不定期で頻度も本当にまれな施策になっていますので、その人たちに事前に声をかけておくのが良いかと思います。

これについては、センチュリオンカードの所有者に出会う確率と、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの紹介キャンペーン実施、どちらの確立が高いのか。。という問題はありますが。どうしても欲しい人は念頭に置いておいたほうが良いかもしれませんね。

 

庶民派はなかなか手を出せない年会費

さすが本家アメリカン・エキスプレス!!といった感じの年会費は、、、、13万円です。ステータスカードとして有名なカードですのでご存知のかたも多かったでしょうか。年間13万円というと結構な金額だと感じますが、月々\10,800程度、一日\360程度、と考えると毎日少し節約するだけで持つことのできるステータスカードと考えることもできます。毎日1箱、煙草を吸っている方は禁煙をするだけで持ててしまうカードと考えられるわけです。禁煙をして健康になりながら、損をしない範囲で超上級のステータスを持ててしまうなんて、非常にお得なことですよね!!(でも、、庶民派の私にはやっぱり高く感じてしまいますが。。。)

そんなアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードですが、その年会費に見合った超お得な特典も完備しているのです。上手に特典利用をするだけで半年もしないうちに年会費の元をとってしまえるような濃ゆい内容の特典が多数ある中から私が特にお勧めしたいなと思える特典を下に2つピックアップしてみます。

 

Dining Access
(レストラン優待)

一番にお勧めしたいのは、こちらのレストラン優待です。各種ステータスカードが行っているサービスですが、カード会社がラインナップした上質な高級レストランの中から選んで食事をすれば、2名以上の利用で一人分が無料になるサービスですね。アメックスプラチナの場合は\10,000以上のディナーコースという指定はあるようですが、大変お得なサービスですよね。二人で2万円のコースを食べて支払いは1万円。月一回このサービスを利用するだけで年会費をほぼ無料にまで持っていけるんですから超お得ですよね。アメックスプラチナの場合は「ぐるなび」内の「プレミアムレストラン」から選ぶことが出来、ネット予約も可能なので使い方も最高です。

FHR ファイン・ホテル・アンド・リゾート

FHRとして有名なホテルの優待サービスです。部屋のアップグレードやアーリーチェックインやレイトチェックアウトなど本当に便利なサービスがぎっしり詰まっており、このサービスの利用だけでも簡単に年会費の元が取れてしまうのですが、その中でも「お金を使わずに年会費の元をとる」という概念で特典をチェックしていくと「滞在中の朝食をサービス」という内容があります。金額計算してもそんな額にはならないのですが、庶民派の私としてはアメックスプラチナの特典中でもお得感を感じるサービスです。

 

アメックスプラチナまとめ
→ファンの絶えない人気ステータスカード

ここまで特典や年会費に触れてアメックスプラチナについて簡単に記載してみましたが、やはり年会費のハードルが一般庶民にはかなり高いものになっています。ですが、それでもそのステータス性に憧れて、「自分は一般庶民ですが、、、」とことわりを入れつつアメプラを取得したブログなどは多数存在しています。やはりそれだけステータスが高いと広く一般的に認知されているということですよね。認知度の高さとブランドの求心力に驚かされるカードです。

 

そしてプロパーカード②
アメリカン エキスプレス ビジネス プラチナ カード
AMERICAN EXPRESS BUSINESS PLATINUM CARD

ここまで見てきたアメックスプラチナにももちろんビジネスカードが存在します。アメックスの最上位グレード「センチュリオンカード」にはビジネスの存在が確認できませんので、アメックスの「ビジネスカード」としては最上位グレードのカードになります。

 

申込み方法について

個人向けのプラチナカードと同じくアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの登録についてもアメックスからのインビテーションが必要になります。ビジネスカードですので、アメックスビジネスゴールドを使用し、アメックスの使用実績を作ることでインビテーションされるのを待つことになります。

やっぱりセレブな年会費

こちらも個人向けのプラチナカードと同じ13万円となります。法人で持つことになるで、個人で13万円を支払うよりは安くは感じますが、ほかの法人カードの年会費の相場を考えるとやはり庶民(零細企業)としては気負ってしまう年会費ですよね。ですが、個人用アメプラでは付与されない特典も多数あり、むしろ割安カードといえるのではないかと思うアメックスビジネスプラチナの代表的な特典がこちら、法人用カードですので元を取るということよりも、福利厚生や会社機能にマッチする特典をピックアップしてみます。

Club Off を無料で利用可能

こちらの聞きなれない「Club Off」とは、東証一部上場の(株)リログループが運営する法人向けの福利厚生プログラムです。リゾート、レジャー、スポーツなどの分野の、施設やサービスを優待価格で利用できます。特にリゾートにおいては、

国内外の宿泊施設約20,000軒が最大90%Off!! 一泊500円~

と謳われており、そのサービスのお得さは群を抜いています。通常ならば法人契約を結ばないと使用できないこちらのサービスをアメックスビジネスプラチナを持つだけで利用できてしまうわけです。お得ですよね!

G-Searchを無料で使用可能

富士通参加の株ジー・サーチが運営する日本最大級のビジネスデータベースサービスがこの「G-Search」です。一般人の我々はなかなか知ることの出来ないサービスですよね。月額300円の会員費と従量制の情報代金のこのサービス。もちろん情報の従量制課金の部分に関しては別として、こんな情報が網羅されているんだなと知ることだけでも新たなビジネスチャンスを生み出す発想の源になるかもしれません。そんな情報源にアクセスする権利が付いてきます。

 

アメックスビジネスプラチナまとめ
→法人向け特典充実の超レアカード

アメックスビジネスゴールドをお使いの法人社員の方をあまりお見かけしたことがないので、ビジネスゴールドの時点である意味レアカード確定かと思うのですが、そのレアカードを使い続け、尚且つ高額な年会費を支払うと決意した方にのみ訪れるカードなので、超レアカードと呼んでよいと思います。特典は上にあげた2点他にも充実しているのでインビテーションが来たら一回はプラチナ会員になってみてもよいのではないかと思います。意思決定がしやすい大きさの会社にお勤め、もしくは経営されている方にとってみれば、福利厚生でClub Offなどを上手に使いながら、会社の経費をマイルに変えていき、還元や割り振りをするなんていう、超お得な方法もあるとおもいます。ヤフオクやイーベイで売られているマイルはアメックスビジネスプラチナ経由で販売されているとも聞きます。マイルの処分について自分で意思決定できる経営者のかたならば、その意味でもかなりお得かもしれませんね。

 

「プラチナ」、「アメックス」を冠するカードまとめ

長文にお付き合いいただいておりましてありがとうございます。正直、「長いな。。」と自分でも思いつつも、「プラチナ」「アメックス」の併せ持つ魅力を表現しきれていないと痛感しそろそろキーボードを打つのを休憩しようと思います。

4種類のカードの内、招待制の3カードについては、招待されるまでの道のりが長いのが難点ですよね。逆に言えば招待されたという特別感はあるのですが、、、。私としてはセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを持ちながら、プロパーのアメックス・ゴールドで実績を作って、アメプラを目指したいとおもっています。(陸マイラーでありながら初動が遅く、雨金祭りにも参加していないので利用実績はクリーンな自信もあるためw)

以上、駄文ですが、本日は超長文にお付き合いいただきありがとうございました~。皆様も是非プラチナを目指してみてください!

KPBのクレジットカード関連エントリーはこちら
↓↓↓

おはようございます。KPBです。さて、このところBMW Mシリーズの試乗レポートをアップし続けてきて、あらためて自分もBMWが好きなんだなと実感している今日この...

 

おはようございますKPBです。先日 MasterCard ラグジュアリーカードについて調べていて知ったのですが、マスターカードには「チタンカード」というグレードがあるん...

 

このブログを始めてから、様々なカードに出会いそれぞれの特典やデメリットについて少しずつ知識が増えていっているのを時間しているのですが、先日テレビでマスターカ...

新記事内広告



-【クレジットカード】