自動車

ポルシェNEW911カレラS(ABA-991H1)試乗を試乗してきた件!!評判通りの高性能。感想とか細部のディティールとかについて。

2017/07/30

おはようございますKPBです。

車好きの友人が「カレラ(ポルシェ)の試乗会に行ってきて、わざわざレポートにしてあげたからブログにアップするように!!」ということで寄稿してくれましたので、そのレポートをアップします。

KPBとしましては、超憧れの車であるポルシェカレラ。でも試乗なんてもっての外、検討すらしたことないですが。。。

この友人はBMWのM5のオーナーでして、その彼が、ポルシェ911をどのように感じたのか、興味のあるところです。

陸マイラー活動の箸休めに、ローン検討の疲労回復薬として、趣味一直線の自動車好きの世界観を味わっていただけましたら幸いです。それではスタート!

スポンサーリンク


 

ポルシェNEW911カレラS(ABA-991H1)に試乗してきましたー!!

こんにちは!リポーターのアナリストNです。今回は、先輩がNEW911カレラの見積を取りたいとの事で、〇〇山のポルシェディーラーさんに行った時に試乗させて頂いたポルシェNEW911カレラSのレポートです。先輩は以前ポルシェCAYMAN(水平対向6気筒NA)のMT車を乗っていたこともありディーラーさんともお知り合いでしたので突然の試乗も対応して頂けました。今回はNEW911カレラSですが、911シリーズは2016年になってツインターボが付き新しくなったので、拙者もモデルチェンジした時から興味を持っていました。

 

ルックスは少しスマートに進化!

以前の997よりもスマートになった感じです、後部のフェンダーの盛り上がりも少なくPANAMERAに近くなった印象です。拙者、個人的には997の野性的で男っぽい感じが好きでしたが・・・。991前期モデルとは外観は変わらない感じです。

試乗車はスポーツエキゾーストで後部中央に太いマフラーの2本出し(基本は後部左右2本出し計4本)のタイプでステアリングもスポーツタイプで通常よりも直径が小さいステアリングです。ベーシックタイプに比べて すごく男っぽくなります。・・・これは、、、いい感じ。(個人的にもスポーツエキゾーストの方が非常にカッコイイと思いますし、ステアリングも小さい方が好きで御座る。)

ブレーキはセラミックタイプのオプション装備を装着。(オプションで約160万円アップとの事です。ちょっとお高いですよね~。)

エンジンは3000cc水平対向6気筒、ツインターボ、出力420hp、トルク500N、m(1700-5000rpm)で、前回試乗したBMW M3、M4、とほぼ同じパワースペックです。

 

いざ試乗!!

いざ、試乗...シートポジションをセッティングしてミラーを合わせて発信です。走行モードはノーマル.スポーツ.スポーツ+.これはステアリングのダイアルスイッチで簡単に設定できます。(このスイッチもオプション)その他に個別にダンパーをレース対応にするスイッチとスタビリティーコントロールのON/OFFスイッチがあります。そして、驚きは・・・20秒間ブースト圧が上がって瞬間パワーアップスイッチも付いています。(スーパーマリオの無敵モードみたい。)

 

ノーマルモードで発進

最初の設定はノーマルでスタートします。発信後、徐々にアクセルを踏み込むとノーマルでも非常に良く反応してくれます。足回りもしっかり路面をグリップしてます。(後輪305ですので、外観もスゴイです。)車線変更でハンドル操作・・・オォ~・・・これは驚き・・・反応がすごくいいです。(足回りはBMW Mシリーズよりも硬くしっかりした感じで別物で御座る。)

 

戦闘モード!!?なスポーツモードとその先のスポーツ+

では、走行モードをスポーツにしてみます。アァ~...スイッチ変更と同時にエンジン音.全てのレスポンス.エキゾースト音.が一変、戦闘モード...気持ちイィ~!!そして、走行モードをスポーツ+に変更!これは、、、別物です。車が思う通りに動きます。又、変なストレスも一切感じません。本当に気持ちイィ~です。アクセルを踏み込めば、踏み込んだ分、自分のイメージ通りに加速して、ブレーキは流石、セラミック、、、非常に良く効き安心感があります。シフトチェンジのショックはほとんど感じません。これは、ポルシェのPDKの出来の良さを痛感。ただ、ノーマル.スポーツ.の設定ですと3速、4速でのターボラグを若干感じますが、走行には全く問題ありません。(拙者のM5の方がターボラグを感じます。)

街乗りではノーマルかスポーツの設定が良いと思います。いろいろな設定で幅広く楽しめます。(スパーマリオ無敵モードは試す場所がなかったので残念です。)パドルシフトも思いのままにコントロール出来、車体もそれに忠実に答えてくれるので疲れは感じません。又、パドルシフトでシフトチェンジしない時間がある程度たつと、自動でドライブモードに戻る設定です。(M5はシーケンシャル パドルシフトにすると、自分でドライブモードに戻さない限り、ずっとパドルシフトのままです。)

 

試乗の感想

個人的には、さすが、、、911と言う感じです。やはり、ポルシェ911の血統がスポーツカーなので、その血統はターボ付きでも変わらないと思います。以前、カイエン ターボSに乗った時はこの楽しさは感じる事は無かったです。比較としてBMW はスポーツセダン.スポーツクーペ.がコンセプトなので、拙者には近い位置にある気がします。車の生い立ちが違うと完全に走りも違うと感じました。ただ、ポルシェ911はやはり1度は自分の物にしたい欲求が消せませんねぇ~...あらためて、欲しくなりました。ポルシェ、BMW、どちらも違った魅力があり一概には言えませんが、皆様も一度、双方の試乗をして実感を感じてみたら如何でしょう。きっと、楽しい時間を過ごせますよ。

アテンション:レポートの内容は、アナリストNの主観で、実際の性能、スタイル等、には一切無関係です。

 

まとめ

以上アナリストNさんのレポートでした。

Nさんも先輩との試乗だったんですね。車好きは人との繋がりが、車との出会いを作っていきますよね。にしても、カレラ、、、うらやましい。KPBもいつか乗りたいなと思いながら読んでいました。陸マイラー活動を頑張って、、、そのうちオーナーになれたらいいな♪って夢見つつ、本日は以上です。

ということで、本日もお読みいただきありがとうございました。

新記事内広告



-自動車