ディズニー

ディズニーシーの駐車場!エントランスに一番近いのはどこだ?

2017/08/04

デートや家族連れでのお出かけの際に
初めて行く施設だと、駐車場内で有利な場所が分からずに
端のほうに停めてしまい、
一緒に行った人からブーイングの嵐、
なんて経験をされたかた、いらっしゃいませんか。。。

初めて行く施設だし、よくわからないし、
後ろのほうからプレッシャーはすごいし、
焦って取り合えす停めた場所が、
施設の入り口から遠かったりするんですよね。。

僕はディズニーシーに初めて行った際に、
それが発生してしまい、
その後から一日一緒に居ることになるのに
午前中の間ずっと家族から不機嫌な対応をされてしまったことがあります。

始めていく施設の場合(特に大型の場合)
下調べをしっかりとして行かないと大変なことになってしまいますよね。
ましてやそれがディズニーシーだったら。。。大事です。
では、いったいどこに停めればよいのでしょうか。

スポンサーリンク


 

ポールポジションを気にしている人は
その場所をネットにアップしたくない??

ポールポジションを知ってしまったら、
毎回ポールポジションに停めたくなりますよね。
乗り降りするのに一番有利な位置。
もし誰かに教えてしまったら、
次に行ったときはその近くが車でいっぱい。。
そんな事態が想像できます。
基本的には秘密にしておきたい情報ですよね。

ポールポジション情報を共有してくれる親切な人はいるのか??

「少しは情報出てくるでしょ!」
と思って探してもなかなか出てこない。
せっかく行くディズニーシーなんですから、
「ディズニーシー、駐車場、有利、ポールポジション」
とかで調べるんですが、私が調べる限り
検索1ページに目には出てきません。
ディズニーシーでの有意義な過ごし方を記事にしている人は
かなりの人数いるんですが、
駐車場で停める位置情報を書いている人については
私は見つけることが出来ませんでした。

 

意外と皆ポールポジションを気にしてないみたい!

今日コチラを読んでくださっているような
下準備をしっかりとしていく人で、
ブログの記事を作っている人が
意外と少ないんだと思います。
もし、今読んでくださっているような皆さんが
記事を書いていたら、
「ディズニーシー ポールポジション」とかで
普通にヒットしますもんね!!

 

ディズニーシーの駐車場
ポールポジションはここです!

上に書いてきたようにポールポジションを
気にしていない人が多いとするならば、
ここに記載しても、誰も調べることなく、
逆に今見てくれている皆さんに本当に有利に
駐車場内で最善の場所に停車できることになります。
皆さん、気にしていないのがすっごく不思議ですが。。

 

写真で公開 有利な駐車場

これがディズニーシーの立体駐車場の大まかな見取り図です。
5階建ての立体駐車場で、各フロアA、B、C、Dとエリア分けされており、
さらに、ディズニーシーに近いほうのレーンから
1,2,3とレーンに番号が付いています。
下の写真、少し見にくいですが
しっかりとイメージしてください。

それではポールポジションを取るためのコツを
お知らせします。

先ずは駐車場の入り口で一言
有利な場所について係員に尋ねよう!

駐車場に入ってすぐに、
平面駐車場と立体駐車場に
振り分けられる分岐点があります。
そこで案内員に
空いている駐車エリア、
エントランスに一番近いエリア
に案内してもらえるように
「一番エントランスに近い駐車場に通して下さい」
と言ってしまいましょう。
ここでの一言が家族や彼女に対してのアピールにもなります。
「いろいろ考えてくれてるな~」と、
この何気ない一言が車内で聞いている家族に響きます。
普段、おっくうで引っ込み思案の方も
この日は、わざと、係員に話しかけるようにしましょう。
早めにディズニーシーに到着している場合は
大抵立体側に通してもらえます。
立体側の方が間違いなくエントランスに近く、
家族が楽になります。

 

エントランスに近い駐車エリアはズバリB!

空いているとついつい奥のほうまで入っていってしまうひとも多いと思います。
ですが、ディズニーシーは奥の方まで行きすぎてもまた大変になってしまうんです。
止めるエリアは「各階Bエリア、特にB1エリア!」がお勧めです。
これは、パークエントランス・ノースの当日券売り場に一番近い停車位置になります。
停車後は案内通りに進むだけですぐにエントランスに到着しますし、
帰りも、疲れ果ててお土産を両手いっぱいに持っている場合も
非常に楽ちんになります。
上のほうの階であってもエスカレーターが設置されているので
なるべくBエリアに駐車するようにしましょう。
停車位置の感覚は何回か行かないと把握できない部分もありますが、
まわりの表示に注意しながら、
とにかく「Bエリア」に停車するのがお勧めです。

 

ディズニーシー 駐車場基本情報と裏技、都市伝説

さて、ここまで真っ当なポールポジション獲得のための情報をお知らせしてきましたが、ここからは都市伝説?ディズニーリゾート公式情報と実体験を織り交ぜなた駐車場にまつわる情報を少し記載してみようと思います。

 

ディズニーシーの駐車場は何時から?

これ大きいですよね。
せっかくポールポジションを調べて行ったのに
繁忙時期すぎて結局駐車場は平面で、
エントランスからすっごく遠いところに。。
なんてことになったら大変です。
混雑を予想して、
繁忙時期は駐車場が始ってすぐの時間に到着したいものです。
では、何時から駐車場は開くのか??
これについては公式ページにも記載はありません。
広く言われているのは
「ディズニーシー開園2時間前に駐車場オープン」
ということです。
とにかく有利に動きたい方、
ゴールデンウィークなどの繁忙期に
ディズニーシー攻略に臨む方は参考にしてみて下さい。

 

ゴールデンウィーク期間など
超繁忙期には裏技も!!
駐車場の開場時間がすごく早まる!?

ここからは都市伝説レベルの裏技?
ディズニーリゾート側の混雑解消策です。
超繁忙期には駐車場の開始時間前に
ディズニーリゾート付近に車の長蛇の列が
出来てしまします。
これを解消するために、ディズニーリゾートのほうで
随時駐車場を開き
(一気に早い時間に開場するわけでは無いのでご注意を!)
少しずつ車を中に入れるというものです。
人気アトラクションのファストパスを狙うなら
思い切って早くいってしまうというのを
考えてよいのかもしれません。
(GW期間は前日の夜に乗り付ける方もいらっしゃるそうですから。。。)

 

ディズニーの都市伝説と言ったらこちら⇒「クラブ33」

駐車場の話からは少しぶれてしまいますが、都市伝説つながりで、ひとつ記事のご紹介です。

「クラブ33」というディズニーの秘密のレストランについて、皆様の中にも耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

有名の企業の重役などが取引先の接待に使うとか、海外の首脳陣が来た時に外交カードとしてクラブ33を使ったとか、噂の広がり方はとどまるところを知りません。そんな「クラブ33」に入る権利を獲得できるクレジットカードがあるんですよね。その名もJCB THE CLASS カードです。我が家のクラブ33体験記も少し載せていますので、お時間のある方はご覧になてみてください。

JCB THE CLASS(公式ホームページ:http://www.jcb.co.jp/service/premium/the-class/)招待制で超入手困難なクレジットカードなんですが、発効までの近道をいくつか発...

 

ディズニーシー駐車場の料金は!?カード払いは??

料金については公式ホームページから抜粋させていただきます。

  • 普通乗用車(全長5m未満) ¥2,500(平日) ¥3,000(土日祝日)
  • 大型車(全長5m以上) ¥4,500(平日) ¥5,000(土日祝日)
  • 二輪車(原動機付自転車を含む) ¥500(平日) ¥500(土日祝日)

因みに支払い方法については??

現金、東京ディズニーリゾート・ギフトカード、クレジットカード、デビットカード、ブランドプリペイドカード
※日本以外で発行されたMasterCardは一部ご利用いただけない場合がございます。
※J-Debit、銀聯デビットカード等、一部ご利用いただけないデビットカードがございます。

ということになっています。
この二つの情報は意外と皆さん忘れがちなので
私のほうでも転載させてもらいました。

こちら前払い方式ですのでくれぐれもご注意を!!

 

駐車料金支払い時の小技!これで何台か追い抜くことも可能に!!

これは基本的な小技ですが、
前払いの駐車場がそんなに多いわけではないので、
意外と使い慣れていない方が多いような気がします。
そんな皆様に向けて、
支払いはおつりがいらないように現金で準備する!!
これだけで、並びの他の車を抜き去ることが出来る場合があります。
カード払いの伝票のやり取りや、
現金でおつりの受け渡しをしている時間って
同乗者からは意外と長く感じます。
これをおつりがいらないように準備しておくことで
スマートさと時間の短縮が出来るのです。
廻りの車がもたもたしているのをしり目に
すすっと場内に入ってしまいましょう。

 

スマートに見せるなら
駐車場のポールポジション必須です!
すすっと入園するだけで
混雑している日でも気分よく楽しめます!

本日も長文、乱文にお付き合いいただきありがとうございました。
ディズニーシーだけではありませんが、
ドライブデートなどをスマートに見せるならば
駐車場でポールポジションをとるのは必須です。
自分は気にならなくても一緒に行っている人は
歩くのが億劫だったりするのです。
家族、彼女への気遣いを忘れずに
楽しいディズニーシー体験が出来るといいですね!
素晴らしい思い出を作ってください。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました!!

駐車場だけでは足りない!
ディズニーシー攻略のまとめはこちら!
↓↓↓
ディズニーシー 人気アトラクション攻略
効率的な一日の楽しみ方を教えます!
(回り方、混雑予想、待ち時間など)

新記事内広告



-ディズニー