【雑談】

SNEAKERSNSTUFFで激レアスニーカーをゲットしよう!

2018/09/11

昨今のスニーカーブームにはまりすぎて、今やかなりのスニーカーフリークになっているスニこ(男)です。おはようございます。

このところヴェイパーマックスとオフホワイトのコラボや、イージー500などなど、話題スニーカーのリリースラッシュなのですが、NIKEのレアものスニーカー通販アプリの「SNKRS」では倍率が高すぎて抽選に当たらなかったり、アトモスに頑張って並んだんものの入店の抽選ですら外れてしまったり、アディダスの通販サイトなどではアクセス過多によるエラー続きで「在庫アリ」と表示されているのにカートインしたら「在庫なし」と言われてしまうADIDASサイトの必殺技、通称「在庫あるあるサギ」をくらいまくったり、、、抽選に当たる気配が全くありません。

日本国内の販路については、ほとんどをこのページ↓↓↓

なんか、それっぽい記事の題名をつけてますが、この記事はマイル関係なくスニーカー好きの皆様へお送りするレアものスニーカーをゲットするための情報源などのリンク集...

↑↑↑そこにまとめてるんですが、そこを見てもらって各社の抽選サイトに進めば、簡単に応募できますよね。でも、そこに応募しただけでは当選確率が全然上がった気にならない。むしろもっとたくさん応募して少しでも当選確率を上げたい!!という方は海外のサイトを狙ってみるのもよいかと思います。

この記事で取り上げるのは、その海外のスニーカーショップの中でも、日本人にはあまり知られていないであろう「SNEAKERSNSTUFF」です。応募も簡単ですし、私のブログを読んでくださっている皆様のことは同志ととらえ、自分の当選確率が下がってしまうという「もろ刃の剣」であるということも覚悟したうえでサーフェスに向かってます。とはいえ、海外では人気サイトなので、世界中からの抽選応募者数を考えたら日本国内のサイトより当選確率は下かもしれないんですけどね。。。

それではSNEAKERSNSTUFFの紹介スタートです。

 

SNEAKERSNSTUFF スウェーデン発オシャレスニーカーセレクトショップ

SNEAKERSNSTUFFは日本のスニーカーフリーク達のブログやツイッターなどでも紹介されている、スニーカーをメインの品ぞろえとしたセレクトショップです。もともとスウェーデンのお店ですが、今やニューヨーク、ロンドン、ベルリンなど世界有数の大都市に店舗を構えて展開しており、日本でいうとATMOSのような存在のショップです。

ニューヨークにオープンしたショップは2017年12月にオープンしたばかり。ストリート系ファッションの人気WEBメディアである皆様ご存知の「HYPE BEAST」でも取り上げられており、その内装のカッコよさや、今後展開していくコラボレーションについていなどが語られています。

 

心配なし!安心して抽選に参加しよう!

海外のサイトで買い物をするのって、緊張しますよね。ここに、こういう記事を書いている私でもやっぱり緊張します。私も最初は当たるか当たらないかわからないスニーカーの抽選に「ここまで個人情報を入力しなければならないの!!??」と驚いたと同時に、「もし情報が流出したらどうしよう。。。」、「もし不正にカード利用をされてしまったらどうしよう。。。」と不安になりました。

さて、このSNEAKERSNSTUFFはどうでしょうか。私の半年間の応募経験から申し上げますと、この「SNEAKERSNSTUFF」は大丈夫です。つい先日応募した友人は、応募二回目にしてNIKE ヴェイパーマックス とオフホワイトのコラボモデルに当選していました。ちゃんと抽選しているんだなと安心できたエピソードでもあり、ヴェイパーマックスが当たらなかったスニこ(男)には羨ましいエピソードでもありましたが、このSNEAKERSNSTUFFの抽選がちゃんと機能しているんだなと身をもって経験しました。その友人はクレジットカードの利用状況も問題ないということでしたし、変なDMがくるようなこともないということです。無論外れた私も同じです。

抽選の応募に必要なのは、クレジットカードもしくはペイパルのアカウントです。

複数口応募するためのチートや、そのチート検証は後日まとめることにして取り急ぎ応募までの道のりを下に記事にしてみます。まずは応募が不安な方に向けて応募方法についてまとめておきます。皆様にも幸運が訪れますように!

 

まずはSNEAKERSNSTUFFのホームページへ

それでは、応募完了までの道のりを私と一緒に見ていきましょう。

特に難しいことは何もありませんし、しっかりとしたサイトなので私は特に何のストレスもなく応募しております。が、不安な人は、私みたいに能天気にいろいろ情報入力している人もいること、実際特に問題がないことなどを感じてもらえると思います。

まずはSNEAKERSNSTUFFのホームページへ。←リンク張ってます!

珍しくジョーダンがファールをしているような写真とともに、ロボットかどうかの認証を受けますので、チェックボックスをクリック。するとホームページに移行します。↓この写真はYEEZY500のBLUSHカラーが発売した時の物。ホームを少しスクロールすると"SNS Raffles"というバナーがあるのでそこをクリックします。ちなみにRaffleとは抽選の意。

 

抽選応募のページはこんな感じで大々的に応募締め切りまでの時間が表示されています。この日はYEEZY500の締め切りまで4日もあったのに、何故か、何故だか、焦りましたね~。(秒単位でカウントダウンされているためかと思われます)このページの商品写真の中ほどの右側に"Raffle open!"から抽選の情報記入ページに進みます。

こちらが情報記入ページ。sneakersnstuffのページの作りがとても丁寧なので情報記入もすごくわかりやすいのですが、簡単に注意点だけ書いていきますね。

1.PICK YOUR SIZE はサイズ選択です。USサイズです。僕は28cmですのでUS 10を選択します。

2.ONLINE OR IN-STORE PICK-UP はどこで当選したスニーカーを受け取るかです。実店舗での受け取りも可能なようですが、TOKYOには店舗がないのでOnlineを選択します。

 

3.CONTACT DETAILSはメアドや電話番号を記入。ここがゆくゆくチートにつながると思っています。チートについては後々検証して生地にしてみようと思っていますので、とりあえずここでは確りと入力しましょう。特に電話番号については注意。国番号から始まる数字を入力するようにしましょう。ご存知の方も多いかと思いますが、日本の国番号は81。そして国際電話は市外局番の頭の一桁を削ります。あなたの番号が090-XXXX-WWWWならば、記入するのは +8190XXXXWWWW となります。頭に「+」をつけるのもお忘れなく。

4.ADDRESS DETAILSは海外通販の初歩ですね。自分の経験上、入力箇所をまちがっても、自分の住所をすべて入力してあればちゃんと届きます。これは国際便が日本に到着した後は、日本郵政、佐川、ヤマトなどメジャー宅配業者が配送を請け負うからです。なので、あまり緊張することなく入力できればそれでOKです。

5.PAYMENT DETAILSですが、これは支払い方法ですね。ここをクリックするとPAYPALか通常のクレジットカードかを選択するページに移行します。そこでどちらかの情報を入力すればOKです。クレカなのかPAYPALなのか。。。ここら辺もチートにつながるポイントですね。後日記事にします。

以上、簡単ですが抽選応募についてでした。問題なく抽選応募が住んでいると下のような表題のメールが届きます。スニこ(男)が毎回応募しているのがお分かりいただけるかと思います。

 

 

当選・落選はいつわかるのか!!?

長々とお伝えしてきたSNEAKERSN STUFFですが、当落についてはちょっと不親切だったりします。なぜかと言うと、、、抽選の日を過ぎても「落選です!」のメールは送られてきません。メールが来なければ自ずと落選というわけです。

では、当選の場合は??

当落発表のタイミングでメールが送られてきます。なぜ知っているのかって??実はスニこ(男)も先日当選したからです!!うれしい。その当選の後の話はまた記事にしますが、当選メールの表題だけここに載せておこうと思います。はい。ではこちら↓↓

このメール、実際に届くとびっくりしますよ!何にも応募してないのにSNEAKERSNSTUFFからメール??って感じでよく見てみると「当選!!」なわけですから。この時は本当に驚きました。

 

レアスニーカーは並ばなくても手に入れることができる!

今日はSNEAKERSNSTUFFのことを記事にしました。まだまだ日本での認知の低いお店ですので、どうしても欲しいレアスニーカーがある方は抽選だけにでも参加してみてはいかがでしょうか。

この次は私の当選経験を記事にしてみます。海外通販に慣れている方はご存知かと思いますが、ネットに記載されている商品の金額+税金+国際配送料+関税+日本国内配送料という感じで、最終的に手元に届くときには結構お高くなったりします。その金額がプレミア価格より高いのか低いのか、「日本国内のオークションサイトなどで購入した際の信頼度」と「SNEAKERSNSTUFFで当選したという本物であるということ」との差などなど。マニアは考えてしまいますよね。そこら辺の私の考えを次回。

でわでわ本日もありがとうございました。最後にSNEAKERSNSTUFF LONDONのお店の様子を張っておきます。空間が圧倒的にかっこいいなぁ。

 

新記事内広告



-【雑談】