【雑談】

驚愕 スターバックスが限定キーホルダーの店頭販売を急遽中止 スタバ×BEAMS タッチ・ザ・ドリップ

2018/01/21

本日6月24日に店頭販売開始をするはずだったスターバックス・タッチ・ザ・ドリップがですが、昨晩6月23日深夜から発生した大行列のため急遽店頭での販売を取り止め、ネットでの抽選販売のみに変更となりました。

スターバックスが発売直前に販売方法を変更したことで、このキーホルダーの購入を楽しみにして早朝から訪れたファン達に大きな衝撃を与えています。

わたくしは、週末に早起きをしてランニングするのですが、ちょうど折り返し地点近くのスターバックス目黒店に人だかりができていたことからこのことを知りました。落胆し非常に残念な表情で帰宅するファンの皆さんをお見かけしたので、今から足を運ぼうと思っていらっしゃるファンの皆様の役に立てるようその様子をアップします。



スターバックス目黒店は昨晩から300人以上の行列

この情報は先ほどスターバックス目黒店の人だかりを確認し立ち寄った際に、スターバックスの営業の方から聞いた情報です。

スターバックス目黒店は、6月23日の早朝から電話対応と店頭へ販売方法を確認しに訪れる熱心なファンの対応に追われていたとのこと。閉店後の深夜には300人を超える行列が形成されてしまったとのことです。

このような状況はスターバックス目黒店のみならず、今回のSTARBUCKS TOUCH THE DRIP販売予定店舗9店すべてで同じような状況が発生してしまったとのことで、スターバックス×BEAMSの限定キーホルダーへの熱狂のすさまじさと、昨今の転バイヤー問題の深刻さを感じました。

 

今回販売予定だった9店舗全店が急遽販売を中止に!

過熱する行列の状況から、スターバックスは販売当日の早朝0時30分、販売開始予定日当日に販売を中止する決定をしたようです。

安全面を考慮しての決定ということですが、その行き当たりばったりな対応は無責任と思われてしまっても仕方ないのではないでしょうか。この写真は特設サイトから。当日早朝にこのような記事をアップされても、たいていの人は感知できないのではないでしょうか。

当日未明の決定だったため店頭販売を期待して予定を組んでいファン達が早朝から店舗につめかけては、残念な表情で帰宅していました。この写真は早朝5時ころのもの。このように営業さんが丁寧に説明してはいましたが、大勢のファンが納得のいかない面持ちで帰宅していきました。

 

 

店頭に設置された看板と落胆するファン

店頭にはスタバらしい看板が設置され販売停止を呼びかけていました。営業さんから説明を受けれないファンたちはこの看板を見て「まさか!!」といった表情で帰宅していきました。

 

スターバックスさん、せめてコーヒーを配布するとかの配慮をされたほうが良いのでは。。。

このようなイレギュラーな対応でありながら、ファンたちへの配慮が全くされていないなと通りがかっただけの私ですら感じてしまいました。早朝から来てくれた大切なファンを、納得のいかない表情のまま手ぶらで返しちゃうの??と。

商品券とは言わないけど、せめて朝早くから来てくれたことをねぎらうくらいのことはしたほうが良かったのではないかと。カルディみたいに小さなカップでコーヒーを配ったりとか、いつもレジ前におかれているクッキーをばらまいたりとか。

ファンの皆さんが本当にかわいそうでした。

 

そもそもSTARBUCKS TOUCH THE DRIPって何?という方はこちら

今回が二回目の発売になるらしいのですが、一回目の販売の時も行列がすごかったらしいです。毎回店舗限定、数量限定で販売するようで、STARBUCKS、BEAMS、両方のブランドの人気が相まって非常に入手困難な商品になっており、オークションでも定価の10倍近い値段で取引されています。このようなことから今回は転バイヤーが多数現れこのような結果になってしまったのではないかと思われます。

ちなみに、こちらの商品について、ネットから抜粋しますと

STARBUCKS TOUCH The Dripのコンセプト
本品は、「ウェラブルな新しい決済体験」というスターバックスの掲げたテーマにもとづき、ビームスが「デジタルとクラフトの融合」をキーワードにプロデュースしたものです。「いつものお気に入りの場所でお気に入りのコーヒーを買うなら、“買う”ということ自体も楽しくできないか」というビームスの着想から、レザーで包まれた温かみのあるアクセサリーで、かざすだけでコーヒーが買え(※)、使い込むほど表情を変える革の味わいも楽しめるプリペイドアイテムにたどり着きました。デザインは、コーヒーをドリップする際に1滴1滴抽出される「しずく」をイメージ。バリスタがコーヒー1滴に思いを込めるように、レザーステッチも1針1針手作業で仕上げられています。
※従来のスターバックス カードと同様に、繰り返しチャージ可能です。お支払は、『STARBUCKS TOUCH The Drip』をICカードリーダーにかざすだけで、スピーディかつスマートに行えます。またMy Starbucks会員に登録をすれば、オンライン入金や残高補償のサービスをご利用いただけます。

となっており、この記事にも写真をいくつか載せておりますが、デザインの可愛さと機能性の融合が人気の秘密なんだなと思われます。

って「早くAPPLE PAY対応してこういう混乱を避けようよと!!」と思うのはわたしだけでしょうか。(アメリカのスタバはAPPLE PAY対応済み、日本はスタバの専用携帯アプリで決済可能)というかアメリカと日本ってやっぱりいろんなことが違いますよね。支払い方法もさることながらクレジットカードの年会費までも↓↓↓

こちらの記事がいまだ私のブログの中でも人気なんですけど↓↓↓このラグジュアリーカード、アメリカと日本で年会費が大幅に違います。ということでアメリカで発行できない...

スターバックスコーヒージャパンさん、頑張って!!

 

まとめ

今回のように、限定商品や人気になることが分かっているを販売する側は、

  • 事前に販売方法をよく検討する
  • 早すぎる販売告知(今回は6月5日)が逆に混乱を招くことがある
  • 販売方法を変更する場合に見てもらうホームページを用意しておく
  • 急な販売方法変更を余儀なくされた場合は、当日来店されたお客様への対応方法(今回ならコーヒーの配布など)
  • 転バイヤーへの対応方法

などをよく考えておくべきだと思いました。

逆に我々消費者も、人気になることが予想されるものに関しては、

  • ホームページでの販売方法確認
  • 当日もホームページを確認する

などで時間を無駄に使うようなことが無いようにしたいものですね。

 

ということで、本日も駄文に付き合っていただきありがとうございました。

追記:ナイキの行列に並んだときはこんな感じ↓↓↓

本日の朝9時ころ、出勤中の通り道である原宿駅をすごい行列を確認。いったいなんなの??ということで列の最後尾で列を整理しているスタッフに確認したとところ、ナイ...

↑↑↑お時間のある方は見てみてくださいませ!!

新記事内広告



-【雑談】