メンズビューティを取り入れてお洒落になる

BEAUTY

同質化という言葉があります。

ファッション業界でこのところ問題視されているのが、「ファッションの同質化」、「売れ筋の同質化」だったりします。

衣料品を販売するお店はもう飽和状態で、いろんなブランドやお店が、駅ビルから郊外型のSC、路面店からアウトレット店と様々な店舗を出しています。さまざまなブランドとさまざまな販路がありますが、どこかで「これが売れた!!」という声が上がるとみんながこぞって似たような商品を作ります。結果、どこにいっても同じような洋服しか売っていない。これがアパレルにおける同質化問題です。僕のように商品開発をしているの人間からすると「売れる商品」と「ブランドの個性」のはざまにたたされるなかなかシビアな状況にあります。そしてこの件、特に最近メンズ商品で問題視されています。

トレンド的に安心して買える「無難な洋服」

商品開発をしているとはいえ、僕も洋服が大好きな消費者のひとりです。やっぱりその年のトレンドがありますから、結局だれから見てもかっこいいと思うデザインはみんな同じような感じになるんですよね。

どこにいっても同じような服が売ってる状況。買うときの選ぶ楽しさは無いにしても、なじみのお店でトレンドの商品を買えればもそれでいいんです。時代性にあっていることが先ずは大切だから。

でも、誰もが無難なファッションしている今日この頃。自分らしさを出す必要すらないと思っている人が多い時代ですが、ちょっと工夫するだけで急に「なんかいい感じだよね」って言ってもらえるようになります。

最近のモテ要素は。

30代・40代メンズが気になる太文字ぶち込んでみましたよ。

最近のモテ要素として、ファッション的な部分は「ある一定水準以上を満たしていればOK」といった女性が多いように感じられます。「逆に個性が強すぎるとアウト」、「お洒落すぎるからアウト」なんていう声を度々ききます。

だからこそ、「ある一定水準以上を満たしていればOK」という点で大人カジュアルが万能選手で、僕もこのブログに取り組んでいるわけです。

では最近のファッション以外のモテ要素として何があげられるのでしょうか。ファッションの業界の女性陣たちの話を聞いて感じているのは

  • 体脂肪率○○%などの肉体的なフェチを満たしているか。
  • 髪型、髭、体毛など身だしなみの清潔感。
  • 「いつも、いい匂いしてるよね。。。」的な、香りの側面。

などの意見が多いということです。この女性たちのチェックポイントを一言でいうと何というでしょう?30代・40代メンズの皆さん分かりますか?

遂に自分たちにもメンズビューティの波が!!

皆さん。メンズビューティです。これが大切です。

30代・40代メンズは難しく感じてしまいがちなこの言葉ですが、実は洋服をかっこいいものでそろえるよりも、かなりスピーディに、低コストで実現できます。

例えば、ファッション全体を低コストで押さえつつ、印象を良くしたいというかたにとっては、もってこいの要素とも言えます。

洋服はユニクロでトレンドを抑えたものをそろえておけば、一応ファッション的な部分は「ある一定水準以上を満たしている」となるでしょう。そこに今っぽい印象の香水をひとふりするだけで、あっというまに、雰囲気のいい大人カジュアルのできあがりです。

以前書いていたブログの記事なのですが、人気の香水をまとめたランキングみました。ファッション業界にいるからこそ知った香水の銘柄などもランキングに載せていますので是非ご覧になってみてください。

30代 40代メンズ必見 人気の「ちょいモテ」香水ランキングベスト6
おはようございます土井まことです。 「ちょいモテ」したい男性(メンズ)諸氏に向けて更新いたしました! ↓↓↓ おはようございます土井まことです。 身バレしない程度に自分の情報を公開いたしますが、 わたくしは大手アパレルブランド...

さて、どのようにメンズビューティを攻略していけばよいのかはこれから掘り下げるとして、皆さんはメンズビューティ攻略のための第一歩として、今月の外食ランチを2回だけ我慢してください。その予算を使って、上のリンク記事でも紹介しているスーツリフレッシャーを購入してみてください。いつもより少しおしゃれに進化した世界が始まります。メンズビューティの最初の一歩を一緒に踏み出してみましょう。

以上、参考にしていただけましたら幸いです。

もし僕のブログを「気に入ったよ!」というかたがいらっしゃいましたら、この記事の下の方、「土井 まことをフォローする」部分の下、緑のボタン「FEEDLY」をポチっとお願いします。FEEDLY(アプリもあります)でブログの更新を確認できるようになります。

それでは次の記事でお会いしましょう。引き続きよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました