テレワークに【高機能ジャケット】今買って夏まで使えるオンオフ兼用JKT

STYLING

この夏一着持っていると便利なのが高機能ジャケットです。

クールビズが認められて久しい今日この頃。夏場にジャケットを着るなんて!??って思っている人も多いと思いますが、このところストレッチ性や冷感などをプッシュした高機能ジャケットが人気です。

コロナ以降、テレワークで真面目な会議に参加する際に、家でもリラックスして着れるジャケットが必要だなと思った人も多いのでは?いつまで在宅ワークが続くかわからないので、「とりあえず一着」と通販サイトを探している人はどうぞご一読くださいませ。

選ぶべきは「高機能ジャケット」です

早速ですが、各社が商品化している「高機能ジャケット」から僕が皆さんにおススメするはこちらの三点です。

アーバンリサーチ(メンズ)(URBAN RESEARCH) メンズジャケット(リネンストレッチジャケット)【GREY/L】
URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ(メンズ))

楽天リンクの先で商品の写真を見ていただいてお分かりいただける通り、Tシャツと合わせたたスタイリングで程よいリラックス感のある商品です。

テレワークのメンズファッション
在宅ワークは非日常空間 やっと慣れてきた感のあるテレワーク。ZOOMやHANGOUTの使い方にも慣れて、家での地味なワークの合間で行う「テレビ会議」が外出自粛中の楽しみの一つになっている方も多いのではないでしょうか。僕も家の中に居ながら取...

↑↑↑こちらの記事でも少し解説させてもらっているんですが、品のいいTシャツにあわせて何か羽織るのがテレワーク、TV会議のベストスタイリング。テレビでテレワーク出演している男性芸能人にも多いスタイリングですよね。

上の三つのジャケットであれば、Tシャツの上から羽織るだけで程よいリラックス感の演出が簡単にできます。しかもすべて有名セレクトショップのジャケットだから知るえってもキレイです。

なぜ高機能ジャケットなのか

上にピックアップしたジャケットには共通点があります。その共通点を僕は「高機能」と呼ばせてもらっています。ちなみに高機能なのはデザイン性ではなく、生地の機能性のことを言っています。さて、その共通点、機能的な部分が以下です。

  • ストレッチ性の高さ
  • 温度調整機能
  • 防しわ性

この三つの内2つ以上が入っているものを僕は「高機能ジャケット」と呼ばせてもらっています。

特にストレッチ性については、皆様も感じていらっしゃると思うのですが、「体型が崩れてきてちょっと伸縮性のある商品じゃないとキツい」とか「家で作業をするにあたり動きやすさがあったほうがリラックスする」という部分につながってきます。30代・40代がジャケットを購入する際にはストレッチ性能はマストと言えます。

温度調整機能については、上の三つのジャケットでそれぞれカラミやピケといった生地組織で涼しさ、リネンを用いた繊維自体の涼しさなどが付与されています。この温度調整機能は見え型的にも「季節感」の演出にもなりますのでファッション的には一番大切な要素・機能といってよいでしょう。

最後に防しわ性です。ずっと椅子に座ったり、家であれば寝転んだり、そういった動きによってシワがついてしまうことを防ぐのはもちろんのことですが、夏場に出先にジャケットを着て行って、移動中はジャケットをバッグの中に押し込んでおいてもシワが付きにくいものだったりします。また選択の際にもイージーケアであることが非常に便利な機能です。商品説明に謳っていなくとも、ポリエステルのパーセンテージが高いジャケットは防しわ性が高いことが多いので購入の際には混率もご確認くださいませ。上の三つのジャケットの中からであればEDIFICEのカラミジャケットは特に防しわ性が高そうです。

セットアップで購入でオンオフ兼用に!

今回ピックアップした楽天リンクの商品は、全てセットアップになっています。すべての商品が同素材でパンツが存在します。そのなかでも、これからの季節に僕がおススメしたいのはEDIFICEのこちら。

リンク先の写真の様にTシャツとスニーカーを同色で合わせると雰囲気もでて、すっきりとした涼しげなスタイリングをすることが出来ます。

そして、セットアップで購入することで、オンオフ兼用で着用することが出来るようになります。

クールビズが浸透した昨今、もう大真面目なクールビズスタイルは暑苦しく感じられてしまいます。まじめな職業につかれている方でも週に一回くらいはちょっとリラックスしたセットアップのジャケットスタイルで出勤しても良いのではないでしょうか。

スタイリングのアレンジでモテ確定

オンの時間帯はまじめにセットアップ。少し硬めの押し後につかれている方なら、インナーにポロシャツをセレクトしましょう。その際は上のEDIFICEのジャケット・パンツの写真の様にインナーのポロ(もしくはTシャツ)と靴・スニーカーの色目は合わせるようにするとお洒落感が増しますので、ちょっと気を使ってみてください。

オフのタイミングにはこのところのトレンドアイテム、オーバーサイズのTシャツと合わせると今年らしいスタイリングになります。オーバーサイズのTシャツについてはヨレていなければブランドはどこでも構いません。僕ならば↓↓↓この記事でピックアップしたユニクロのオーバーサイズTシャツを選びます。Tシャツと合わせたスタイリングで一気に落ち着いた大人カジュアルに進化しますので女性からの見る目もかわるかも。

プチプライスでメンズのモテるきれいめ大人カジュアルを作る方法
ファッションにはそんなにお金をかける必要がない時代になりました。 ユニクロを買おう!というわけではありません。はっきり言って、全身ユニクロはモテません。 ユニクロミックスもブランドを選ばないと、かなり野暮ったいものになってしまします...

夏場・テレワーク 大真面目なジャケットは着るな!!

最後に声を大にして言いたいのが↑↑↑このことです。

夏場は出来るだけ軽やかに、テレワークではリラックス感を重視して大人カジュアルなスタイリングをするようにしましょう。

大真面目なジャケットを着てるのは時代遅れ。どんなにきれいなジャケットを着ていても感性的には定年間近。この記事をここまで読んでくださった皆さんはもっと自由にお洒落になってくださいませ。

 

以上、参考にしていただけると幸いです。

もし僕のブログを「気に入ったよ!」というかたがいらっしゃいましたら、この記事の下の方、「土井 まことをフォローする」部分の下、緑のボタン「FEEDLY」をポチっとお願いします。FEEDLY(アプリもあります)でブログの更新を確認できるようになります。

それでは次の記事でお会いしましょう。引き続きよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました